ぶろぐたし

毎日何かについて感想・レビューを残す

70ぺえじめ。TVアニメ「バーチャルさんはみている」のムービーと記事の所感。

まず、こちらが公式サイト。

virtualsan-looking.jp

こちらがティザームービーとなっております。

www.youtube.com

 

とりあえずのところ、思っていたより早いタイミングでのアニメコンテンツ化しましたね。

こういう流行っている時のスピード感というのはとても重要だと思うので素晴らしいと思います。

 

1.アニメの方向性

 

このような同じジャンルの中で個々に顧客がついているコンテンツの広げ方は2つの方向性があると考えられます。

それは新規の顧客獲得を行うということと、既存の顧客を交換する(1人がたくさんを同時に応援する)という方向性です。

 

 

さて、テレビアニメ化というワードを見たときどのような印象を抱くでしょうか。

 

一般的にアニメ化をして失敗しなかったら、原作の小説または漫画は重版がかかると言われています。

決定が発表された時点で注目度というブーストがかかって、重版の文字も見ることもあります。

 

つまり、小説または漫画のアニメ化とは「新規顧客を獲得する手段」だと考えられると言えます。

アニメは見るけど積極的に紙媒体を読まない層(本屋で新刊をチェックして新たな本を開拓するなどはそこまで行わない)という新規顧客層の獲得を狙うわけです。

 

 

ひるがえって、このムービーを見てどう感じるでしょうか。

 

「正直なにもわからん」

 

これが私の素直な感想でした。

何人かのかわいい女の子たちが自己紹介と特徴であろう挨拶をしていくだけムービーです。

(私個人としては、チャンネル登録して更新チェックしてる子もいます。)

 

最後に教室っぽいところで統一の制服を着てるところから、いわゆるところの日常アニメのようなだらだらまったりトークアニメなのかなと考えました。

 

dengekionline.com

 

こちらがその疑問に多少なりとも応えてくれる電撃オンラインの記事です。

 

どうやらこのアニメ、アニメーション番組のようです。

 

イメージとしては深夜のアイドル番組のようなものなのでしょうか。

メインどころの女の子たちが出てきて、その回ごとにフューチャーされる方々がなんにんか出てきてコーナーをしてみんなの個性を引き出すというような番組のようです。

 

台本があってコーナーをそのメンツごとに行っていく、そういう流れだとは思います。

これですと、無理やり各自が個性を示すことになり、なんか求めている(と私が思っている)ような自然な面白さや、動画とは違った面白さが垣間見えるのだろうかという疑問は少し残りますが。

 

 

先ほどアニメ化は新規顧客層の獲得が主な目的だと考えられると言いました。

 

しかし、このアニメはアニメ化という注目度にて新規顧客を誘うという側面はもちろんあるでしょうが、メインどころのファンたちが他の子を好きになることが主な目的のように感じられます。

 

今のままですと、なんのアニメかわからず元々誰かしらのファンが見るだけ(これが失敗ということではないのかなと思っています)という状況ですので、放送までは短いですが第2弾のムービーも来るといいなと思います。

 

 

とりあえずこんな感じでまた続報を待ちたいと思います。

 

以上!

 

読んでいただきたありがとうございました!

 

P.S めっちゃいっぱい出るから普通に楽しみですよね。