読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶろぐたし

毎日何かについて感想・レビューを残す

40ぺえじめ。英文法問題の解き方-手順編

ではまずこちら種も仕掛けもないとある関西学院大学の文系の過去問があります。

 

f:id:uu_ue2:20170119220511j:plain

 

こういった問題、まあセンターにしろ二次試験、 はたまた普段の学習から皆さん良く目にするでしょう。

 

皆さん、こういった問題解く時どうでしょうか。

 

なんとなく知ってるか知らないかで解いてませんか。

考えてやってたとしてもその手順、型にはめて同じことを繰り返せているでしょうか。

 

そこで今回はその選択肢精査の手順の説明させていただきます!

 

簡単!誰でも出来る!いつでも出来る!がコンセプトです。

 

1.主語、数の確認、複形か単数形か。

単数なのに複数形が答えになることはないですね。

 

2.時制の確認。

仮定法、分詞構文が少し引っかかるところですが、これまた把握は難しくありません。

次回で確認もしますよ。

 

3.品詞の確認。修飾関係なら後ろは何?名詞?形容詞?

名詞を修飾するのが、形容詞。

動詞、形容詞を修飾するのが副詞。

前置詞の後ろにつくのは名詞。

 

4.接続語の確認をする。完全文なのか否か。

完全文ならしっかり主語、動詞意識。

そうでないなら、動名詞や分詞にしていきましょう。

 

 

これだけやるだけで難しすぎなければもうほとんど解けたといっていいでしょう!

これで無理な問題は熟語の訳を聞かれているか、訳して単語を入れるタイプでしょう。

 

単語の訳なども訳がわからなくとも解ける方法はありますのでそれもまた見ていきましょう。

 

 

まずは熟語や訳を丸暗記ではなく、こういう当然のように出来るだけですんごくお得でかつ簡単なことを繰り返してみてください!

 

実際にやるのは次回です!

 

では!しーゆーねくすとぺえじ!